忘年会で景品を用意して盛り上げる

忘年会の景品のちょっと変わった渡し方

景品としておススメな物
忘年会は景品があれば盛り上がります。
景品の渡し方は様々な方法があります。

何かのゲームをして、勝った人から順番に好きなものを選ぶという方法があります。
また、事前に商品に番号を振っておいて、ゲームに勝った人から順番に1から順番に並んだ商品を貰うという方法もあります。

しかし、ちょっとだけ変わった方法で景品を手にするのも面白いものです。
忘年会は年末のクリスマスの時期に行われるものです。忘年会・新年会人気イベント景品ランキング【景品宮殿早乙女】

クリスマスプレゼントと称して、幼い頃に経験のある「プレゼント交換」の渡し方で商品を手にするもの面白いものです。
景品は事前に予算を決めて個人で用意します。

当日はそれを1ヶ所に集めて、ランダムに手にして輪になります。
音源はスマートフォンや携帯電話を利用して流して、音楽が鳴っている間は次々と隣の人に回します。

音楽が終わったところで手にした景品が自分へのプレゼントです。
受け取ったあとに、誰が用意したものかということをネタばらししても構いません。

それをネタとして、さらに忘年会を盛り上げることは十分に可能です。