忘年会で景品を用意して盛り上げる

もらって困る忘年会景品とは

景品としておススメな物
1年の締めくくりとなる忘年会は、おいしいものを食べ、お酒を味わい、話にも花が咲く楽しい行事です。
幹事によっては、忘年会を盛り上げるために、ゲームを行うこともあるでしょう。

優勝者に、は忘年会景品を贈るようにすれば、さらに喜ばれます。
しかし、忘年会景品のチョイスを間違えれば、たちまち不愉快なものになってしまいます。

このため、幹事は、忘年会景品には気を使わなければなりません。
では、もらって困るような忘年会景品とは、どのようなものでしょうか。

一番困ってしまうのは、持ち運ぶにも苦労するような、大きいものです。

いくら豪華な景品とはいえ、これは年の瀬に、たいへんな苦労をかけてしまうことになります。
電車やバスなどで運べば、周りのお客様の迷惑にもなりますし、お酒を飲んでいれば
自家用車で運ぶわけにもいきません。

タクシーを使えば、楽ですが高額の運賃を請求されることになるでしょう。
これでは、もらった意味はありません。くれぐれも、見た目の派手さに惑わされて、このような忘年会景品を選ばないようにしましょう。

他にも、気の置けない男性ばかりの職場であっても、家族に見られて困るような、恥ずかしい忘年会景品も控えましょう。
小さな子供がいる家ならば、なおさらです。家庭のいざこざは、会社でのパフォーマンスにも影響を与えてしまいます。

幹事は、もらった人の気持ちを考えて、誰にでも喜ばれる忘年会景品を用意するようにしましょう。