忘年会で景品を用意して盛り上げる

忘年会の景品に所得税はかかる?

景品としておススメな物
忘年会や社員旅行など社員の慰安のために行われる行事は、楽しみにしている人も多いもの。

しかしそこで気になるのは費用に関する課税のことです。
通常、忘年会の会費については、会社が負担する場合社員全員を対象としたものであれば
「福利厚生費」として処理することができ、所得税はかかりません。

では、忘年会で行うゲームなどの景品についてはどうでしょうか。
通常、懸賞などで当たった景品に関しては、車など高額なものであれば課税対象となります。

忘年会の景品については、会社が負担した場合でも安価なものであれば
福利厚生費で処理することが可能となり、所得税は発生しません。

ただしこの場合でも数十万円を超えるなど高額なものである場合は福利厚生費としては認められず、
当選者に対する現物支給の給与扱いとなることがあります。

また、現金で支給した場合は金額にかかわらず所得とみなされるので注意が必要です。
福利厚生費として認められるのは、社会通念上あくまでも小額な現物のみと覚えておくとよいでしょう。