忘年会で景品を用意して盛り上げる

敬老会などのイベントにぴったりの、ビンゴ景品とは

景品としておススメな物
毎年、お年寄りを祝う催し物としては、敬老会・誕生会などのイベントが存在しますが、
高齢化社会が進展した日本ではお馴染みの風物詩です。

日本ではお年寄りを大切にする風習があるため、多くの地域の自治会で
定期的なイベントが開催されています。

また、最近では老人ホームで暮らす方やデイケアサービスを利用される方も増えているため、
お年寄り同士のコミュニケーションを取る上では、イベントでビンゴ大会を開催されることも多いです。

ビンゴを選択される理由としては、数字をチェックしていけば良いので、判断力が鈍くなったお年寄りでも
簡単にしかも気軽にイベントを参加できるからとなります。

簡単にできる

もちろん敬老会のイベントであるビンゴ向けに適した景品を用意する必要がありますが、
それにぴったりの品物・サービスも存在します。

なお、品物を決める上ではあらかじめの予算を設定する必要があり、
その予算は敬老会では大体は500円~3,000円程度となるのが一般的です。

予算の設定

そのためビンゴの景品に適した品物としては、若者が憧れる様な高級食材や旅行などよりも
体が不自由になりかけているお年寄りが直ぐに使える実用性に優れたものを選択することが適しています。

例えば長生きの願いを込めて万歩計・入浴剤・健康食品があったり、また日常で使うことも多いハンドタオル、
湯飲み茶わん・マグカップも良かったりします。

他にはお年寄りに喜ばれる甘い柔らかいお菓子、腰痛にも優れているクッション・座布団、お酒をたしなむ方であれば
日本酒・焼酎・紹興酒なども優れています。

さらに肩たたき券、寒い冬に羽織ることができる半纏も喜ばれることも多いです。